ピアノ買取.jp 中古ピアノ 買取

ピアノ買取.jp-トップお問い合せ
ピアノ 買取
ピアノ 買取
ピアノ買取.jp 中古ピアノ 買取
お急ぎの方はお電話よりご依頼下さい
 
ピアノ 買取
トップ
サイト利用方法
ピアノ査定依頼
よくある質問
ピアノ買取とは
休眠ピアノ、再生方法
調律について
ピアノカバーについて
維持、メンテナンス
最適な環境作り
ピアノに関するトラブル
音、防音工事の必要性
ピアノ 買取
音、防音工事の必要性
ピアノ 買取
■音について
1,音の強弱について
dB(デジベル)
音の強弱は音波の振幅が大きいほど強く、小さいほど弱くなります。強い音は、エネルギーが大きいため、騒音となる場合が多く、dBを下げることが遮音の目的となります。
日常の会話は、約60dBで、大声は、約90〜100dBの音圧になります。
以下に音の強さの例を示します。

ピアノ・コントラバス70〜100dB
普通の会話60dB
ドラムの連打120dB
飛行機エンジン音近く120dB
図書館・市内の深夜40dB
地下鉄の車内80dB

■防音工事の必要性
防音工事と聞くと、多額の費用がかかるなどのマイナスの先入観を持つ人が多いようです。しかし、ピアノを弾く事による近隣トラブルが絶えないのも事実です。
既にピアノを置き、練習している家庭でも、これまで数年間トラブルもなく近隣からの苦情もない場合でも年月が経ってから苦情が来て、仕方なく防音工事をする家庭も増えています。
また、電子ピアノなどで、音を小さくして弾いていた場合でも、音は聞こえないものの鍵盤を弾く振動によって苦情が出る事もあるようです。
周りの目を気にせず気持ち良くピアノを弾くためには、多少金銭的な負担はありますが、防音対策について考えていくのが良いでしょう。
防音工事には、自宅で手軽に出来る防音装置の取り付けから工事が必要な防音工事まで、最近では多くの「防音」についての対処策枠が広くなりました。
防音対策では、「どの程度の音漏れを防ぐか」と言う事をまず第一に考えます。
比較的安価で外部へ漏れる音を小さくできるのが防音装置、しっかり音をシャットダウンできるのが「防音工事」です。


ピアノ 買取 リサイクル

 

ピアノ 買取
ピアノ買取対応地域
札幌 仙台 福島 東京 神奈川 千葉 埼玉 名古屋 大阪 京都 神戸 岡山 広島 福岡
ピアノ 買取


 会社案内プライバシーポリシー

Powered by piano-kaitori.jp
<PR>