ピアノ買取.jp 中古ピアノ 買取

ピアノ買取.jp-トップお問い合せ
ピアノ 買取
ピアノ 買取
ピアノ買取.jp 中古ピアノ 買取
お急ぎの方はお電話よりご依頼下さい
 
ピアノ 買取
トップ
サイト利用方法
ピアノ査定依頼
よくある質問
ピアノ買取とは
休眠ピアノ、再生方法
調律について
ピアノカバーについて
維持、メンテナンス
最適な環境作り
ピアノに関するトラブル
音、防音工事の必要性
ピアノ 買取
維持、メンテナンス
ピアノ 買取
■ピアノのコンディションを維持するために
ピアノは湿気に弱いので、袋に入れられた防湿剤が一般的に多く使用されています。
ところが、ピアノは外気と常に流通しているので、恒常的に湿気の多い所では、いくら吸い込んだところで限界があります。
それよりも、部屋の中に除湿器を置いて、湿度調整を行う方が良いと言えます。しかし、どんな除湿剤にせよ、調律師が状況を判断し必要性を認識した上で、定期的に交換すれば、効力はあります。
また、サビ止めは湿度の高い場所には欠かせないものです。
虫よけは古いピアノには必需品で、防虫加工の切れた上質のフェルトは、洋服類につく小さな蛾の幼虫が好んで食べます。
最近では匂いを伴わない防虫剤もあるので、ピアノの性能に影響の無い空間に置くことは効果的です。

■ピアノのメンテナンス
ピアノのメンテナンスは、ピアノを弾き終わったらする、一週間毎にするなど、定期的に行うのがベストです。また、ピアノを弾く際には清潔な手で弾くことを心がけましょう。

1,塗装面のメンテナンス
表面についたホコリは、ピアノ用の羽毛もしくは、柔らかい布で軽く拭き取ります。
また、光沢を保つためには、鏡面艶出し塗装のピアノはユニコンで、ムラなく拭き、その他の塗装仕上げのピアノは、柔らかな布でから拭きするのが良いでしょう。

2,鍵盤の手入れ
基本的には、クロス、もしくは柔らかい布でから拭きをします。
汚れが目立つ時などは、石鹸水をしみこませて固く絞ってから拭き取ります。
また、アルコールの使用はひび割れの原因となるため、絶対に避けてください。
外装を拭いた布にはユニコンなどが付着するので、鍵盤用に別の布を使いましょう。


ピアノ 買取 リサイクル

 

ピアノ 買取
ピアノ買取対応地域
札幌 仙台 福島 東京 神奈川 千葉 埼玉 名古屋 大阪 京都 神戸 岡山 広島 福岡
ピアノ 買取


 会社案内プライバシーポリシー

Powered by piano-kaitori.jp
<PR>